ローストビーフダイエットを成功させるコツと注意点

ダイエット方法の真実 食品系ダイエット

ローストビーフダイエットを成功させるコツと注意点

2019-04-06

こんにちは!てんぱです。

 

本日は、筋トレダイエッターを中心に人気を集めいている「ローストビーフ」のダイエット効果や、ローストビーフダイエットを成功させるために必要な知識をご紹介します。

 

本日も最後でおつきあい、よろしくお願いいたします🐰

 

ローストビーフダイエットが成功する理由

 

ダイエットと言えば、まず最初に「食事制限」を思い浮かべる人も多いですよね。

 

そして避けやすい食材が「肉」。

 

しかしダイエット中に肉を避けるとタンパク質が不足。

 

タンパク質はご存知の通り筋肉をつくるのに欠かせない栄養素。肉を避け、タンパク質が不足することで筋肉量が減り、太りやすい体質に変わってしまいます。

 

ローストビーフのような高タンパク質の食材をしっかり摂取すれば、少量の食事でも満足できる体に。

 

意識せずとも炭水化物や間食の量を減らせ、ダイエット中のストレスの原因も排除できます。

 

てんぱ
ローストビーフに使われている赤身肉は、噛めば噛むほど旨味があふれだしてくるので、顎を使うことにもつながり、小顔効果も期待できます!

 

ダイエット中にうれしいローストビーフ3つの魅力

 

「タンパク質含有量が多いからローストビーフがおすすめ!」と言われても、「ほかにもタンパク質含有量が多い食材ってあるよね?」と思う方もいるでしょう。

 

そこで、ローストビーフがダイエット食品として人気を得るきっかけになった3つの特徴をご紹介します!

 

1.カロリーが低い

 

ローストビーフは赤身肉を原材料に使用しているため、牛肉の他の部位に比べて圧倒的に脂肪分が少ないです!

 

ちなみに、ローストビーフは100gあたり約200kcal。

 

一方サーロインは100gあたり約500kcalと、ローストビーフに使われている赤身肉はステーキなどによく使われるサーロインと比べてカロリーが半分以下なんです。

 

てんぱ
同じタンパク質を摂るなら、カロリーが低いローストビーフを選ぶのは、もはやダイエッターとして「必然」なのかもしれませんね。

 

2.タンパク質が豊富

 

これは何度も言っていますが、ローストビーフに使われている赤身肉(モモが一般的)のタンパク質含有量は100gあたり約22gと肉類の中でもトップクラス

 

ダイエット中におすすめされる鶏ささみ(100gあたり23g)や豚ヒレ肉(100gあたり22g)と同レベルなのです。

 

ダイエット中は(体重×1~1.5)gのタンパク質を摂取するのが理想的。

 

体重50㎏の方は50~75g、体重60㎏の方は60~90gのタンパク質を摂るとなるとなかなか大変です。

 

てんぱ
ローストビーフのような高タンパク質な食材を取り入れると、3食の中でしっかり目標をクリアできます。

 

3.鉄分不足を解消

 

これは私もダイエット中に経験したのですが、ダイエット中は鉄分不足におちいりがち。

 

私はダイエット中に献血をして倒れて3時間ほど安静を言い渡されたことがあります。

 

その当時は大豆食品など植物性タンパク質にこだわりすぎていて、そんな事態を招いたんだと今ならわかるのですが、あの頃は若くて…(以下割愛)。

 

ローストビーフの原材料である牛肉は鉄分が豊富。そのうえ、動物性の鉄分は「ヘム鉄」と呼ばれていて、体内への吸収効率がとても優れています。

 

ローストビーフには100gあたり2.3mgの鉄分が含まれています。

 

鉄分の1日当たりの推定平均必要量は18歳~29歳男性は6mg、女性は5mg(月経中は8.5mg)です。

 

つまり、ローストビーフを6~7切れ食べれば1日に必要な鉄分の1/3~1/2が摂れることに。

 

てんぱ
鉄分をしっかり摂ることで、ダイエット中の疲労感を軽減したり、肌荒れを予防する効果も期待できるので、ダイエット中も積極的に鉄分豊富な食材を取り入れたいものですね。

 

ローストビーフダイエットを成功させる3つのコツ

 

ローストビーフはダイエット中に摂りたい食材ね!と理解したところで、やみくもにローストビーフを食べていてもなかなか成果は出ないもの。

 

そこで、ローストビーフダイエットを確実に成功させるためのコツをまとめました。

 

1.朝食や昼食でローストビーフを食べる

 

ローストビーフには「カルニチン」と呼ばれる脂肪代謝を促す成分も豊富。

 

そのため、朝食や昼食など活動量が多くなる前に食べることで、ちょっとした運動でもしっかりと脂肪代謝が促されることになります。

 

朝から肉は食べられない💦というダイエッターさんもいるかと思いますが、ローストビーフは脂肪分が少ないのでハムのような感覚で食べられます。

 

てんぱ
サラダのトッピングやサンドイッチの具材などに利用し、さっぱりといただきましょう!

 

2.野菜と一緒にローストビーフを食べる

 

ローストビーフに含まれる鉄分は、ビタミンCを多く含む食材と一緒に食べると吸収率が格段にアップします。

 

また、タンパク質の代謝を促すにはビタミンB6を含む食材と一緒に食べるのもおすすめ。

 

「ビタミンC」「ビタミンB6」を多く含む野菜には…

 

  • ブロッコリー
  • パプリカ
  • カラーピーマン

 

などがあります。これらはたくさん買って冷凍しておけば、電子レンジで加熱してすぐ食べられるので、ダイエット中に常備しておきたい野菜です。

 

てんぱ
そのほか、玄米にもビタミン類が豊富。玄米を使ったローストビーフ丼もおすすめです!

 

3.ローストビーフの食べすぎには注意

 

ローストビーフをスーパーなどで購入すると、大抵10枚くらいのスライスが入っていますよね。

 

ブロックの場合は200gくらいのものが多いでしょうか。

 

ただ、ローストビーフがダイエット向きの食材と言われているからと食べすぎると太る原因に。

 

先述の通り体重の1~1.5倍のタンパク質を摂取するのは問題ないのですが、その目安を超えないようしっかりと計算して食べましょう。

 

  • 体重50㎏の人はローストビーフだけなら200g
  • 体重60㎏の人はローストビーフだけなら300g

 

くらいが上限。ただ、あくまでも「ローストビーフだけ」がタンパク質摂取源になっている場合です。

 

卵やプロテイン、乳製品にもたくさんのタンパク質が含まれています。

 

てんぱ
ダイエットアプリなどをうまく活用し、1日のタンパク質摂取量を管理しましょう。

 

ローストビーフダイエットの注意点

 

ローストビーフダイエットに成功するためには、次のような点に気をつけましょう。

 

1.ローストビーフ丼で失敗する人が続出

 

ローストビーフダイエットに失敗した人の声を聞くと、そのほとんどの方が外出時などに「ローストビーフ丼」を食べたと答えています。

 

ローストビーフ丼を玄米やもち麦ごはん100gくらいで作っていれば太ることもないのでしょうが、レストランや総菜売り場のローストビーフ丼にはたっぷりのお米が使われていますよね。

 

やはりお米を大量に摂取することはダイエットを失敗させる原因に。

 

てんぱ
ローストビーフダイエット中だからとローストビーフ丼を選ぶなら、炭水化物の量もしっかり管理しましょう。

 

2.ローストビーフのソースは使わない

 

もう1つ気をつけるべきなのがローストビーフに使うソースです。

 

ローストビーフを購入すると、ソースがついてきますよね。

 

そのソースが意外と高カロリー・高脂質・高糖質のこともあるので要注意。

 

できればポン酢や塩で食べるのがおすすめ。

 

てんぱ
ノンオイルのドレッシングなどもローストビーフに合います!

 

ローストビーフが食べられるファストフード・レストラン

 

ローストビーフダイエットをしたいけれど外食しがちで成功するか不安…という方におすすめなのが、ファストフードのローストビーフメニュー。

 

ローストビーフダイエットにぴったりなメニューがあるのは次の3店舗。

 

1.ドトール

 

ドトールの「贅沢ミラノサンド」はダイエッター御用達の低カロリー高タンパクメニュー。

 

バルサミコ酢をたっぷり使用しているのでしつこくなく、飽きのこない味わいです。

 

 

2.サブウェイ

 

サブウェイにはなんと!「ローストビーフ」と名のついたサンドがラインナップされています。

 

野菜もたっぷり。栄養が偏りがちなダイエット中にうれしいメニューです。

 

 

3.パニーノ・ジュスト

 

パニーノジュストはパニーニの専門店。「モンタギュー」や「ロード・ジョン」にローストビーフが使用されています。

 

パニーノ・ジュストのローストビーフはやわらかくて旨味が強いのが特徴。

 

お値段はやや高めですが、一度は食べてみたいローストビーフメニューです。

 

 

ローストビーフダイエットで健康ボディに

 

ローストビーフダイエットをするからと、毎日欠かさずローストビーフを食べなけらばならないというルールはありません。

 

同じ食材ばかり取り入れるのは、飽きる原因=ダイエットに失敗してしまう原因にもなりますよね。

 

ローストビーフを週に2~3回、あるいは「肉が食べたい!」と思ったときに取り入れるだけでも、体は少しずつ「やせ体質」に変わっていきます。

 

てんぱ
ローストビーフを上手に取り入れながら、健康的な体づくりに取り組んでいきましょう!

 

次回はちょっと私も驚いた、スリミングマッサージクリームをご紹介します。

 

ビフォーアフター写真も撮ったので、ぜひチェックしてくださいね。

 

関連記事

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
応援ポチっ💛
 

\ エステで即やせっ /





\ LET'S SHARE! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
てんぱ

てんぱ

『てんぱのぺこぺこブログ』運営。1982年生まれのフリーランスWEBライター。2018年10月から4ヶ月で約6kgのダイエットに成功!世の中のあやしいダイエット情報の真相を追求するのが好き。

-ダイエット方法の真実, 食品系ダイエット
-,

Copyright© タマシイのダイエット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.