【ホットプロテインの正しい作り方】熱変性を防ぐコツとおすすめフレーバー

サプリメント ダイエットに役立つ知識

【ホットプロテインの正しい作り方】熱変性を防ぐコツとおすすめフレーバー

こんにちは、てんぱです。

 

最近寒い日が続いていて、Twitterのダイエットアカウント界隈でも「体を冷やさないように白湯を飲もう!」なんてツイートが飛び交っていますよね。

 

てんぱ
そんなとき、ふと不安になったのがプロテインを割っている「水」そして「豆乳」や「牛乳」の温度…。

 

寒くなってからも冷たい割材でプロテインを作っている人、きっと私だけじゃないですよね!

 

ということで、本日は

 

  • プロテインはホットにすると何か変わるのか
  • 寒い時期に最適!ホットプロテインの作り方

 

についてまとめました。

 

てんぱ
ホットプロテインによる冷えが気になる、冬のダイエット&筋肉づくりをより快適なものにしましょう。

 

本日も最後までおつきあい、よろしくお願いいたします。

 

プロテインはホットで飲んでも大丈夫?

 

 

まずは結論からお話ししましょう。

 

プロテインはホットで飲んで問題ありません!

 

ただ、気になるのが熱によるプロテインの変化。

 

てんぱ
プロテイン=タンパク質は熱変性することでも知られています。

 

ホエイプロテインは熱変性に注意

 

プロテインを加熱すると、残念ながら熱変性してしまいます。

 

てんぱ
なので、プロテインをホットプロテインとして飲むときはとにかく温度に気を配ってください。

 

ホエイプロテインは、熱湯で溶かしたり沸騰させたり、レンジで加熱したりすると70℃を過ぎたあたりから「熱変性」を起こしてしまいます。

出典:グリコHP

 

ただ、プロテインは熱変性を起こしても栄養価が変わるということはありません。

 

てんぱ
仮にプロテインを温めすぎて熱変性を起こしてしまっても、廃棄はしなくて大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

熱変性を起こしたプロテインはどう変わる?

 

プロテインが熱変性を起こすと味や食感に変化が出てしまうことがあります。

 

例えるなら、たまごが熱を加えることでゆでたまごに変わる感じ。

 

また、プロテインの味によっては酸味が増して飲みにくくなることもあるので気をつけてくださいね。

 

てんぱ
プロテインが熱変性でダマになると、まれに消化吸収しにくくなることも。

 

プラスにとらえればいつもより腹持ちがよくなるということでもあるので、プロテインの熱変性をダイエットに利用してもいいかもしれませんね。

 

ホエイプロテイン以外は熱変性しにくい

 

上記の注意点は「ホエイプロテインに限る」と書きましたが、他のプロテインはどうなのでしょう。

 

実は、ホエイプロテイン以外のプロテインは熱変性しにくいんです。

 

というのも、ホエイプロテイン以外のプロテインは熱変性が始まる温度が100℃以上なんですよね。

 

参考

プロテインの熱変性が始まる温度(目安)

プロテインの種類 熱変性が始まる温度
ホエイプロテイン 70℃前後
カゼインプロテイン 100℃以上
ソイプロテイン 100℃以上
ピープロテイン 100℃前後

 

 

つまり、100℃前後で熱変性を起こす「ピープロテイン」や、100℃を超えて熱変性を起こす「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」なら、しっかり温めても熱変性しにくいということ。

 

てんぱ
しっかりとあたたかいホットプロテインを飲みたい方は、ホエイプロテイン以外のプロテインを利用するといいですね。

 

ブレンドされたプロテインには気を付けて

 

なお、プロテインの中には、複数のプロテインをブレンドしているプロテインがあります。

 

たとえばウィダーのジュニアプロテイン。

 


画像:Amazon:ウイダー ジュニアプロテイン ココア味 980g

 

主成分はソイプロテインですが、ホエイプロテインも原材料に記載されています。

 

そのため、加熱しすぎると飲みにくくなってしまうことも。

 

てんぱ
ホットプロテインを作る際は、しっかり原材料をチェックしましょう。

 

 

簡単おいしい!ホットプロテインの作り方

 

 

筋トレをダイエットに取り入れている友達に、「ホットプロテインの作り方知ってる?」と聞くと、大半が「プロテインにお湯や温めた牛乳・豆乳を加えてシェイク!」と答えます。

 

てんぱ
しかしこの作り方は非常に危険!

 

私も実際にこの方法でホットプロテインを作ったことがあるのですが、シェイクした瞬間、シェイカーの蓋と本体の隙間から「プシュシュシュ~~~」という音が。

 

そして、「ポン」とふたが飛びプロテインが散乱。

 

マイプロテインのストロベリーチーズケーキ味だったので、数日間甘ったるい香りが部屋に充満していました…。

 

ホットプロテインは電子レンジや小鍋を使って作ろう

 

ホットプロテインの安全な作り方は「電子レンジ」や「小鍋」を使う作り方。

 

どちらかというと洗い物が少なくて済む電子レンジを使った作り方が個人的におすすめですが、小鍋でのホットプロテインづくりは温度調整が簡単というメリットがあります。

 

てんぱ
お好みの合わせて自分に最適な作り方を見出してくださいね。

 

電子レンジを使ったホットプロテインの作り方

 

  1. 耐熱カップやマグカップに牛乳や豆乳、水を入れ、通常と同じ量のプロテインを入れます。
  2. プロテインのダマがスプーンで混ぜてできるだけ溶かします。

 

このとき、温度設定ができる電子レンジなら60~65℃、手動加熱なら500Wで2分くらいが目安です。

 

小鍋を使ったホットプロテインの作り方

 

  1. 小鍋に牛乳や豆乳、水を入れ、いつもの量のプロテインを入れます。
  2. 小鍋を火にかけて、スプーンや泡立て器でゆっくり混ぜながらプロテインを溶かします。
  3. プロテインの表面から湯気が出はじめたら、火を止めます。

 

てんぱ
小鍋でプロテインを温める場合は、沸騰させてしまわないよう鍋から目を離さないようにしましょう。

 

以外にあっという間に温まります。

 

割材を200㏄使う場合は適温になるまで1分半が目安。

 

ただ、室温や割材の温度、火力によって加熱時間は異なるので、様子を見ながらベストな時間を調べてみてくださいね。

 

\ 1箱2,490円~ /

 

ホットプロテインにするとおいしいフレーバー

 

 

プロテインをホットで飲むなら、さっぱり味よりもまったり味のプロテインがおすすめ。

 

ホエイプロテインの熱変性によって酸味が増しても、そこまで風味を損ないません。

 

私が今までホットプロテインにして美味しいと思ったのは、

 

  • ほうじ茶味(マイプロテイン)
  • 抹茶味(マイプロテイン)
  • チョコレートブラウニー味(マイプロテイン)
  • ココア味(SAVASジュニアプロテイン)
  • バニラ味(マイプロテイン)
  • ブルーベリーチーズケーキ味(マイプロテイン)
  • コーヒー味(コラテイン)

 

とスイーツ系ばかり。

 

てんぱ
一方、唯一ハズレだったのがヨーグルト風味のプロテイン(SAVASジュニアプロテイン)でした。

 

なので、スイーツ系のプロテインが特別苦手でない方は、ホットプロテインは甘めのフレーバーで試してみてくださいね。

 

\ フレーバーの選択肢圧倒的No.1 /

 

\ ご自由にお使いください /

★500円割引が使える友達紹介コード:XWMA-R1★

 

 

冷えはダイエットの大敵

 

 

代謝の低下をひしひしと感じる冬。

 

てんぱ
私は食事管理・筋トレと併せて冷え性対策にも結構気を遣っています。

 

やはり冷えはダイエットの敵

 

冷え性だと、ダイエットに成功してもリバウンドする確率がかなり高まるんだそうです。

 

筋肉がつくことで、冷え性は多少改善しますが、ダイエットを始めたばかりだと体内のバランスが整いにくく、冷え性が余計進行してしまうことも。

 

てんぱ
冬の冷えが気になる方は、まず体内に取り込むものを温かくすることから始めてみましょう。

 

・・・

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
応援ポチっ💛
 

\ エステで即やせっ /





\ LET'S SHARE! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
てんぱ

てんぱ

『てんぱのぺこぺこブログ』運営。1982年生まれのフリーランスWEBライター。2018年10月から4ヶ月で約6kgのダイエットに成功!世の中のあやしいダイエット情報の真相を追求するのが好き。

-サプリメント, ダイエットに役立つ知識
-, , ,

Copyright© タマシイのダイエット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.